アトピー性皮膚炎|スマイルこどもクリニック 門真市|小児科 小児アレルギー疾患 大和田駅徒歩1分

スマイルこどもクリニック
  • 初診予約 24時間受付
  • Web予約 24時間受付
  • 電話予約・お問い合わせはこちら 072-881-5500
  • Instagram アカウント

アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎は、いくつもの原因が複雑にかかわって引き起こされる病気です。長期(乳児では2か月以上、その他では6か月以上)に渡ってかゆみを伴う湿疹が良くなったり悪くなったりを繰り返す慢性の疾患です。

アトピー性皮膚炎を引き起こす原因としては、さまざまなものが考えられており、それらは大きく遺伝因子と環境因子の二つに分けられます。アトピー性皮膚炎はもともと遺伝因子を持つ人に環境因子が加わることによって発症し、悪化すると考えられています。
遺伝因子とは、「皮膚のバリア機能が弱い」と「外から入ってきた異物に反応しやすい」の2つの要因が考えられています。
環境因子とはアレルギー反応に関係するものとしてはダニ・ハウスダストなどがあり、アレルギー反応と関係しないものは汗による刺激、強い乾燥、心理的なストレスなどがあります。これらは、いずれもアトピー性皮膚炎を引き起こしたり、悪化させる原因となるため悪化因子と呼ばれています。

アトピー性皮膚炎の特徴的な症状は、強いかゆみを伴い、「皮膚が赤くなる、ぶつぶつができる、ジュクジュクする、カサカサする、かたくなる」などがあります。症状が出る部位は、おでこ・目の周り・口の周り・首・手足の関節・胸や背中などです。乳幼児期は症状が顔や頭に表れやすく、幼児期後半からはひじの内側やひざの裏側などに現れるようになります。

治療について

アトピー性皮膚炎を短期間で完全に治すことはできませんが、治療を継続することで、皮膚の炎症が少しずつよくなり、最小限の薬で症状が落ち着いた状態を維持することができるようになります。治療の目標としては、「症状はないか、あっても皮膚の乾燥が主体であり、日常生活に支障がなく、薬もあまり必要としない状態へ到達し、その状態を維持する。または、日常生活に支障をきたすような悪化が起こらない状態を維持する」ことを目指します。

治療としては①炎症を抑える治療②スキンケア③悪化因子の除去の3つの方法を行います。炎症を抑える治療としては、ステロイド外用薬やタクロリムス外用薬を中心とした治療を行い、かゆみが強い場合には抗ヒスタミン薬を併用します。見た目の炎症が治まっても、皮膚の中には炎症が残っている状態であり、外用薬を中止すると症状が再度悪くなります。そのため、徐々にステロイド外用薬の減量を行い、保湿薬を使ってスキンケアを続け、皮膚の良い状態を維持します。
悪化因子の除去は、こまめに掃除を行い、ほこりを少なくする環境を整え、じゅうたんや布製の家具、ぬいぐるみなどはできるだけ避けることが重要です。